はじめに

僕も昔は、今勉強をがんばって後で楽をしたいとか、今仕事を頑張って将来悠々自適に暮らしたいと思っていた時期もありました。

でも、年齢を重ねるうちに、今苦労して後で楽をするという考え方よりも、常に学び続ける姿勢を持つことが 大事だということに気づきました。

今日は、『なぜ常に学ぶ姿勢が大事なのか?』について考てみたいと思います。

これで良いと思うと変化を恐れるようになる

人間は、例えば仕事が安定してきたりして、「これでいいや」と思うと、変化を恐れるようになります 。

会議などで、「新しいことをやろう」とか、「これまでやってきたことを変えよう」と提案すると、それが不可能な理由を並べて反対されるのは、このためです。

人間は、これまで自分が安全に暮らしていた環境に変化を加えられることを、基本的に嫌います。

こうなると、進歩はなくなります。

それに、新しいことをやってみて、それが成功するかどうかは、基本的にはやってみなければ分かりません。

それが不可能な理由を探すよりも、どうすれば実現可能かにフォーカスして考えを絞ったほうが、建設的ではないでしょうか ?

また、こちらから何か新しい提案をした時に、必ずできない理由を言ってくる人は、基本的に進歩が止まっている人だと予測できます。

仕事のパートナーを選ぶときなどは、こういう相手は避けたほうが良いかもしれませんね 。



【スポンサーリンク】

新しい場所に新しい発見がある

自分自身の安全地帯のことを『コンフォートゾーン』といいます。

このコンフォートゾーンから定期的に出ることが大事です。

大多数の人は、このコンフォートゾーンから出たがりません。

だから、意識して新しい人に会ったり、新しい場所に行ったり、普段出ないような集まりに出ることが重要です。

そうすることで新しい発見があり、それが新しいアイデアの種になったり、新しい人脈の起点になったりして、物事は進んでいきます 。

また、人生を変えるような出来事のきっかけは、親しい知人よりも、旅先やパーティーで偶然出会ったというような、ゆるい繋がりの人からもたらされるケースが圧倒的に多いという調査結果もあります。

人生のチャンスを掴むという点で見ても、新しい場所に行ったり、新しい人に会うということは、それだけ重要という事です。

成功できたやり方に固執する

人間の成功体験というのは強烈で、特に自分が過去にやってうまくいったやり方があると、それに固執してしまう傾向があります。

そして、常に学ぶ姿勢を意識していないと、その傾向はさらに強くなります 。

もちろん、古いやり方がすべて悪いわけではないのですが、以前はこれでうまくいったというやり方も、変化の早い現代では、すぐに通用しなくなることも多いです 。

だから、常に謙虚に学ぶことが大事なんです 。



【スポンサーリンク】

人格が磨かれ謙虚になる

常に学ぶ姿勢を持つことで、人格が磨かれ謙虚になります。

『勉強させてください」と、相手に直接言うことが、僕の経験上大事だと思います。  

この「勉強させてください」と相手に言う方法は、初対面の人に好印象与えるという意味でも非常に有効です。

初対面の人に、「すごくご活躍されている方だと伺っています。勉強させください!」と言うと、かなり好印象を与えることができます。

よかったら試してみてください 。

まとめ

これで安泰と思ってしまうと、人間の心には変化を恐れる気持ちが生まれます。

変化を恐れる気持ちは、あなたの成長の歩みを止めてしまいます 。

ですので、定期的に新しい場所や、新しい人に会うということをやってみてください。

大多数の人は、自分の安全地帯から出るということをしませんので、これを実行するだけで、あなたは大多数の人よりも抜きん出ることができます。

また、ある調査では、人生を変えるようなチャンスは、偶然出会った人のようなゆるい繋がりから生まれるケースが多いという結果が出ています。

幸運の女神は、自分が知らない場所に積極的に出向いていくような人に微笑むということです。

チャレンジ精神を是非大切にするようにしてみてください(^_^)




※この記事が良かったと思ったら、ぜひ『はてなブックマーク』をよろしくお願いしますm(_ _)m
↓↓↓

はてなブックマーク - 常に学ぶ姿勢が大事なのはなぜか?
LINEで送る
Pocket