ジョギングや筋トレや勉強など、好ましい習慣はたくさんあります。

でも、そういう好ましい習慣を続けるのって難しくないですか?

今日は、やる気が出ない時の対処法について考えてみたいと思います。


「スポンサードリンク」




「勉強しなきゃな~、でもやる気が出ないな~」って時がありますよね?

僕もよくあります。

僕はそういう時はいつも、『雑に努力しよう』と考えるようにしています。

人間は、決められたことをある程度完璧にやろうと考えます。

そのように考えると、ハードルが高くなってしまうので、ますます体が動かなくなってしまいます。

そうではなくて、最初から雑な努力をしようと思っていれば、ハードルが下がるので、とりあえず着手しようと考えて体が動きます。

とりあえず、体が動けばしめたものです。

体が動けば、脳内でドーパミンが放出され、そのおかげで僕達は物事に集中したり、真剣になったりすることができるようになります。



もう一つ大事なことがあります。

「勉強しなきゃな~」とか、「ジョギングしなきゃな~」というように、まるで義務のように考えるのはよくありません。

そうではなくて、「勉強を毎日続けていれば、きっとすごいことが起きる!」とか、「ジョギングを毎日続けていれば、きっとすごいことが起きる!」。

このように考えるようにすれば、未来への期待であなたの心を揺さぶることができます。

そうすれば、行動にも繋がりやすくなります。

よかったら、試してみてくださいね(^-^)



「スポンサードリンク」

はてなブックマーク - やる気が出ないときの対処法
LINEで送る
Pocket