やりたいことを見つけるためには?

毎日がつまらないと言っている人は、まず日常に対する好奇心が欠如しています。

例えば、美しいものを見たときも感動することが少ないです。

好奇心が欠如しているということは、やりたいことを見つける能力が低くなっているということです。

例えば、やりたいことが最初からある人はいいですが、もちろんそういう人ばかりではありません。

やりたいことというのは、基本的に自分自身で見つけるものなんです。

やりたいことが見つからない人に共通しているのは、好奇心が低いことと、行動していないということです。

とにかく行動することが重要です。

行動することで、環境や友人関係が変化すれば、好奇心が出てやりたいことがいろいろ出てくるはずです。

その中から、「これだ!」と思うものがあれば、やってみると良いと思います。



「スポンサードリンク」

歳を取ってからでもやりたいことは見つかる

やりたい事が見つからないという問題は、若者だけの問題ではありません。

歳をとってからも同じです。

「もう歳だから」と言って行動しない人は成長できないし、これをやりたいということも出てきません。

それでは人生はつまらないと思います。

歳をとってからでも新しいことに挑戦している行動的な人は、どんどん成長します。

そうすると、歳を取ってからでもやりたいことがどんどん出てきます。

環境を変えてみる

やりたい事が見つからなかったり、どうしても今の自分を変えたいというときは、環境を変えてみるのもお勧めです。

少し大げさかもしれませんが、一番確実なのは、今の環境や友人関係、所持しているものをすべて捨てて、新しい環境で一から始めることです。

人間の行動や思考、考え方のクセなどは、周囲の環境から極めて大きな影響を受けています。

環境を大きく変えれば、あなた自身は確実に変わります。



「スポンサードリンク」

やりたいことが見つかったあとは?

やりたいことが見つかったら、早速行動に移すべきです。

でも、アイディアを行動に移すときは、小さな失敗が多くてなかなかうまくいかないということは、あらかじめ知っておいたほうがいいと思います。

ビジネスの世界で言われているのは、アイディアを持っている人は1万人いる。

そのうち、そのアイディアを行動に移す人は1000人。

行動して失敗と改善を繰り返す人は、その中の100人。

さらに、それを繰り返して結果が出ない期間を耐えることができるのは10人と言われています。

行動が1番大事で、最後はそれをやり抜く力も大事になります。

まとめ

自己啓発の本なんかを読めばわかりますが、どの本でも言っていることは結局、「行動しろ」ということです。

これは科学的にも正しいです。

行動することで、脳内ホルモンのドーパミンが分泌されます。

そのおかげで、僕達は物事に集中したり、真剣になったりすることができます。 

逆に言うなら、まず行動しなければドーパミンが分泌されず、やる気も起きないということです。

悩んでいる暇があったら、まず行動することを意識することが重要です(^_^)


※LINE@、メルマガ登録者限定で、無料でメンタリズムや心理術の最新情報を投稿しています。

【小泉貴宏 LINE@】

スマホの方は、こちらからワンクリックで、LINE@に無料で登録できます。
https://line.me/R/ti/p/%40qmb1896i

(ID検索の場合は、 @qmb1896i をLINEでID検索して下さい。)


「スポンサードリンク」

はてなブックマーク - やりたいことが見つからないあなたへ
LINEで送る
Pocket